堺市大泉緑地でお外カフェ その3 アイクックとコーヒーでほっこり

コーヒーの焙煎も終わったので

お外カフェとして3品を作っていきます。

 

まずはミネストローネから。

材料となる玉ねぎ、人参、ピーマン、じゃがいも、セロリ、ベーコンなどは予め約1cm角にカットしてきました。

あとはトマト缶と水、オリーブオイル(サラダ油でも可)、コンソメ、塩・胡椒。

粉チーズやハーブスパイスはお好みで!

 

アルポットを使用してこのメニューは妻がメインで。

まずアルポットにオリーブオイルを入れて、

 

玉ねぎを入れ炒めます。

玉ねぎが透明になったらベーコンを加え更に炒め、

その後 残りの野菜たちを加えます。

 

ある程度炒めたら、トマト缶を入れて少し潰したあと、水とコンソメを追加。

材料を全て入れるとこんな状態

 

10分程度煮込みます。

煮込み係は私が。

008-03007

 

煮込んでいる間にもう一品 名付けて「ベッピントマ炒め」!

こちらはササッと材料を切っていきます。

ピーマン1個を細切りに、玉ねぎ約半分を薄切りに。

 

ミニトマトも5,6個を半分にカット!

 

ベーコンも4枚ほど小さくカットして

スキレットにオリーブオイルを多めに入れて火にかけます。

今回はアルコールバーナーを使用。

まずベーコンを炒めてカリッとしてきたら

玉ねぎやピーマン、トマトを入れます。

 

少しずつ炒めます。

こぼれそうですが大丈夫。

 

伝わらないかもしれませんが、ジューーー

ある程度炒められたら、塩胡椒とハーブスパイスで味付け。

これは広島で買ってきた海人藻塩。

 

あと少しで出来上がり

 

仕上げは溶き卵を流し入れて火から下ろし、予熱で半熟にします。

実はタマゴをもっと入れる予定が、落としてしまいました。

 

はい完成!

 

アルポットで煮込んでいたミネストローネも

最後に塩胡椒で味を整え出来上がり。

 

 

こうしている間に自家製ジンジャーピューレを使ったジンジャーエールを妻が用意。

ハーブも入っていい感じ。

 

最後に「自家製ベーグルの炭火焼き」を。

ベーグルを上下半分に切って、

断面にオリーブオイルを薄く塗り、ハーブスパイスも振りかけます。

 

これを炭火へ

 

両面に焦げ目が付くぐらいまで焼きます。

最後の1つが焼けて

 

すべての料理が完成です。

 

まずはジンジャーエールで乾杯!

 

料理をつまみつつ、食後のコーヒーも用意。

手網焙煎した豆をミルで挽きつつ

 

炭火でお湯を沸かし

 

引き上がりはこんな感じ。ちょっと多かったかな。

 

ペーパードリップです。

 

口細のドリップケトルでじっくりお湯を注ぎます。

 

さすがにいい香りが立ち込めます。

お食事しつつ、焦らずゆっくりのじっくりドリップ。

ゆったりとした時間の中でお外カフェを楽しみました。

 

008-03038

お店のカフェもいいですが、たまにはこんなお外カフェもいかがですか。

 

今回使用した道具

 

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP