アルポット(Alpot)の火力調整のために

一定火力のアルポットですが、火力調整ができないか考えてみました。


取り扱いの簡単なアルポットですが、その反面 火力調整が出来ないということもあり、煮炊きのバリエーションに制限がありました。なんとか火力調整できないものか...

始めに考えたのがアルポット本体にセットするアルミカップ(内鍋)の位置を上げ下げして火力調整という方法です。

アルミカップをバーナー部から遠ざけることで弱火にする方法なのですが、アルミカップを持ち上げた状態で固定する必要があります。

アルポット本体上部とアルミカップの外周が広がっているところの間に何か支えとなるものをカマしてやる(挟む)と固定できそうですが、少し大掛かりなのでこの方法は今回は見送ります。
アルポットのアルミカップをずらして固定

このアルミカップの高さを数段階で調節できるアダプターが用意出来れば、「火力調整」と呼ぶにふさわしいものが実現できるはずです。どなたか挑戦してみませんか?

ちなみにデメリットを考えるとすると、まずアルミカップが一部むき出しになることで放熱性が高くなることと、燃料の消費量は変わらないので熱効率というか燃費的にはあまりよくないような気がします。

それで今回実施したのがバーナー部の火力を制御する方法です。

火力を制御なんて言い方をするとカッコいいですが、バーナー部の開口を狭くしてやろうというものです。

思いついたのが缶コーヒーなどのアルミボトルのフタを利用するものです。
広口タイプのアルミボトルのものです。

アルミで加工がしやすいのでフタに適当な穴を開けてバーナー部にかぶせてやれば火が小さくなるのでは。

そしてアルミボトルのフタの大きさ的に、もしかするとピッタリねじ込めるのではという思惑です。

そして今回たどり着いたのがこういうモノです。(仕上がりが雑なのはご勘弁下さい)
アルポットに取り付けるためにアルミボトルのフタを加工
アルポットに取り付けるためにアルミボトルのフタを加工

まず期待していたアルミボトルのフタとアルポットバーナー部の接合ですが、径があわないのかネジのピッチが合わないのか、ねじ込むことは出来ませんでした。
ピッタリのものが探せばあるのかわかりませんが、残念!

そのままの高さでも使用できなくはなさそうでしたが、少しグラグラして怖かったので、おさまりのいい程度に切り取って高さを低くしました。

使用する時はアルポットのバーナー部にのせるだけです。
のせた状態で着火します。
アルポットのバーナー部にとろ火アダプターをセット

フタに開けた穴の大きさはアルポットのガラス芯が少し見える程度です。
アルポットのバーナー部にとろ火アダプターをセットした状態のアップ

火の大きさを比較すると、まずノーマルの火柱はこんな感じ。
アルポットの火柱(ノーマル時)

次に今回用意したアルミボトルのフタをセットした時の火柱。
アルポットの火柱(とろ火時)

かなりのとろ火状態です。燃料も無駄にしません。
アルポットで実現したとろ火

消火の仕方も同じで、従来のフタをかぶせるだけ。
アルポットのとろ火アダプターを使用時の消火方法

火の大きさが小さいのでもう少し穴の大きさを広げてみた方が実用的かもしれませんが、穴の大きさの違うものを何種類か用意しておくのもいいかも。

「アルポット スチーマーアタッチメント」につづくお手製オプション 名づけて「アルポット とろ火アダプター」。

以前挑戦したアルポットでぜんざい作りの時もノーマル火力で少し大変でしたので、とろ火だとじっくり楽しめるようになると思います。

またコトコト煮込み系の料理にも幅が広がります。

ただアルポット本来の使用方法からは外れますので、実施する場合は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です