アルポット(Alpot)でポトフ

今回はアルポットでポトフ作りです。比較的簡単なスープで、あり合わせの具でOKです。
アルポットでポトフ作り

あらかじめ材料を切って用意しています。今回用意したのはジャガイモ、ニンジン、タマネギ、キャベツとソーセージです。手早く仕上げたいので、火が通りやすいよう小さめに切りました。

先に火の通りにくいジャガイモ、ニンジンとタマネギをアルポットのアルミ容器に入れて、水を入れました。水だけだとこの位置で約700mlになりますが、正確には具材の分がありますので水としては700mlよりは少ないです。残りの具材もあとから入れるので、このぐらいにしておきます。
アルポットの水量目安はこちらを参考にしてください。
アルポットの容器に材料と水をセット

データ取りのためにデジタルペンサーモで水温測定。26.7℃です。
アルポットの水温を測定

アルポットのバーナー部に点火です。
アルポットのバーナーに点火

アルポット本体をバーナー部と合体させフタをして加熱開始。ストップウォッチもスタート!
アルポットでの調理開始

外気温は27.6℃。最近にしては涼しいです。
外気温測定

念のため側面の覗き穴から燃焼状態を確認。
アルポットの覗き穴から燃焼状態確認

約10分で沸騰しました。
アルポットが沸騰

コンソメスープの元を投入です。(1個強)
アルポットにコンソメスープの元を投入

それから残りの具材 ソーセージとキャベツを投入。順番は気にしない!
(湯気で曇りました)
アルポットにソーセージを投入
アルポットにキャベツを投入

ここまでで経過時間は約13分。火が通るまでもう少し煮込みます。
アルポットで煮込み中

約20分でジャガイモもニンジンも固さがなくなったようなので、出来上がりとします。
アルポットでのポトフ出来上がり

アルポット本体を取り外し、火を消火。
アルポットの火を消火

最後に塩コショウ少々。味が「ととのいましたっ!」◯っちです。
アルポットに塩コショウを少々

容器のままではわかりにくいですがこんな感じ。
アルポット容器内の出来上がったポトフ

お皿に入れるとこんな感じ。
出来上がったポトフを盛りつけ
アルポットで作ったポトフ

量的にはガッツリでなく軽く2人前といったところです。

簡単ながらおいしくできるメニューです。このポトフとパンがあれば充分食事になります。

アルポットの中に具材を詰めた状態で出かけて、現地で水だけ足して調理も出来無くはないと思います。

ぜひお出かけ先でのアルポットポトフ 試してみてください。

では最後に、「ととのいましたっ!」

ポトフとかけましてー ジャンケンと解きます。

そのココロは?

どちらもグー(具)から始めます。

ととのってない???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です