アルポット(Alpot)でおでん

おでんの素を使って、アルポットでのおでんづくりに挑戦してみました!

ですが、おでん種を初めから煮込むのはちょっと考えものかも...
アルポットでおでん作り

アルポットのアルミ容器に水を用意します。
用意している具材を入れた時にあふれない程度に適当量です。
アルポットのアルミ容器に水を用意

デジタルペンサーモで水温を測ると25.1℃でした。
デジタルペンサーモで水温測定

アルポットのバーナー部に点火。
アルポットのバーナー部に点火

アルポット本体をバーナー部と合体させ湯沸し開始。ストップウォッチもスタート!
アルポットで湯沸しスタート

この時の外気温は28.5℃でした。
デジタルペンサーモで外気温測定

ダシとなるおでんの素を先に入れておきます。
アルポットにおでんの素を投入

約8分弱で沸き立ちました。
アルポットで沸騰状態

用意していたおでん種を入れます。
今回は大根、玉子、竹輪、ガンモドキ、ゴボウ天、平天、ジャコ天、ウインナーといったものを用意しました。
アルポットにおでん種を投入

経過時間約12分で再沸騰状態となりました。
フタを外した状態で、味が染み込むようしばらく煮込みます。
アルポットでおでんを煮込み中

煮込み中はこんな感じ。
練り物はすぐにふくらみ嵩高くなりました。ちょっと量が多かったかも。
アルポットでおでんを煮込み中

しばらくすると少し様子がおかしくなり、「グツグツ」ではなく「ゴボッ ゴボッ」という感じで吹き上がり、汁が飛び散ります。下の方で突沸状態か?

少し危険なので、いったん火を止めてサーモクッカー状態で調理を続けます。
アルポットをいったん火から外す

この時の中身の状態はこんな感じ。
アルポットの中のおでん

フタをしてしばらく放置プレイ。
アルポットでおでん熟成中

経過時間約40分となりまして、もう一度火を入れてみます。
アルポットの構造のおかげで、あまり温度は下がっていないようです。
あるポットを再点火
アルポットでおでんを再加熱

約2分強で再沸騰状態となりました。
アルポットのおでんが再沸騰

でもやはり先ほどと同じように「ゴボッ ゴボッ」の状態です。
iPhoneにもお汁が降り注ぎます。オォー ボルケーノ!
アルポットのおでんが暴れだす

いたしかたなくもう一度火から外して再放置プレイ。
燃料削減。とってもエコロジーでエコノミー♪(関西だけ?)

火から外している間に中身を少しかき混ぜてみました。
というのはおでん種を入れる時、一番下に大根と玉子を入れたのですが、これが原因かもという推理です。
アルポット内のおでんをかき混ぜて配置変更

1時間と5分が経過しました。
再度火にかけて煮たったら出来上がりにします。
アルポットに再々点火

5分たたないうちに再沸騰状態。
今度はボルケーノじゃなくグツグツといい感じ。推理は正しかった!
アルポットのおでんが再々沸騰

危険ではなくなったのでもうしばらく煮込みます。
アルポットでおでんを煮込み中

経過時間1時間16分。今日はこのぐらいにしといたるわー で出来上がりとします。
アルポットでのおでん煮込みを終了

アルポットの火を消火。
アルポットの火を消火

器に盛りつけてこんな感じです。
アルポットで作ったおでん
アルポットで作ったおでん

結構な長丁場でしたが、なんとか出来上がりました。

途中のボルケーノは、底面積が小さいというアルポット容器の特性上、底面の大部分を大根で覆ってしまったことによるところが原因かと思われます。

この現象があったので、途中火を止めての煮込みという方法も有りということがわかったのは今回の収穫なら、アルポットでのおでんは、出来上がってパックで売られているものを温めた方が、もっと手軽にカンタン。というのが今回の教訓でしょうか。
それとも放置プレイを駆使して、変り種おでんにアルポットでチャレンジ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です