アルポット(Alpot)で枝豆

たまたまスーパーで見かけた枝豆(茶豆)がおいしそうで、連日の猛暑もあり、アルポットで茹でてみようと買ってしまいました。ビールをおいしくいただくためのただの自己満足です。
アルポットで枝豆湯掻き

枝豆の量が正確にわかりませんが、アルポットのアルミ容器に適当量の水を入れました。
これぐらいで500mlぐらいですね。(アルポットの水量目安はこちらを参考にしてください。
アルポットのアルミ容器に水を用意

デジタルペンサーモで測ると水温は29.8℃。
アルポットの水温測定

アルポットに点火します。
アルポットに点火

アルポット本体をセットし湯沸し開始。ストップウォッチもスタート。
アルポットで湯沸し開始

外気温は31.5℃です。
デジタルペンサーモで外気温測定

約7分強で沸騰しました。
アルポットで湯沸し完了

下処理した枝豆をアルポットに入れました。いったん沸騰がおさまります。
適当だったにしては水の量もちょうどでした。
アルポットに枝豆投入

先に入れておいてもよかったのですが、塩もブッ込んで加熱を続けます。
アルポットに塩を投入

経過時間約13分弱で再沸騰です。あと数分茹で続けます。
アルポットが再沸騰

アルポットの中で枝豆が踊ってます。
アルポットで枝豆湯掻き中

経過時間15分でヨシとしました。(テキトー)
アルポットでの枝豆湯掻き終了

アルポットを火から外し、火を消しました。
アルポットの火を消火

茹でたてをそのままも結構おいしいですが、今回は自宅だったので、枝豆をお湯から上げて氷水で締めました。

盛りつけ例?です。もちろんこの後ビールと一緒においしくいただきました。(本物のビール飲みたいー)
アルポットで湯掻いた枝豆
アルポットと枝豆とビール(発泡酒)

料理というにはおこがましいですが、アルポット一つで外でも手軽におつまみが用意できるというのは、お酒が好きな方には嬉しいですね。

夏の海水浴場でちょっと一杯。春・秋のハイキングで汗をかいた時も飲みたくなりますよねー。そんな時にアルポットで簡単おつまみ。いかがですか?

でもくれぐれも飲酒運転はヤメてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です