アルポット(Alpot)で湯沸し

アルポットを実際に使ってお湯を沸かして沸騰までの時間を測ってみました。

まず燃料となるアルコールを入れるところから。アルポット本体の外筒を取り外し、バーナー兼燃料タンク部分を取り出します。
アルポットの燃料タンク

付属の燃料ボトルには160ccのアルコールが入っています。
アルポットの燃料ボトル

安全キャップを外してタンクに入れます。取扱説明書では80cc つまりボトルの半分まで注入できるとなっています。(80ccでの燃焼時間 約45分)
アルポットに燃料注入

燃料ボトルの穴が小さいので逆さにしただけではなかなか出ていきません。
指に少し力を入れれば出て行く感じなので、調整がしやすいです。
少しこぼれましたが、アルコールなので揮発しやすく、すぐに乾いてしまいます。
アルポットに燃料注入

※燃料用アルコールは主成分がメタノール(メチルアルコール)で、エタノール(エチルアルコール)とは違い人体には有害です。大量にこぼしたりした場合は、蒸気を吸いこまないように風通しを良くするなどしてこぼしたものの処理を行ってください。また消毒等には使用しないでください。

ボトルの約半分のところで注入ストップ。
アルポットの燃料注入ストップ

タンクを覗いてみると、写真では見えにくいですが、液体の動くのがチョロっと見える程度です。たくさん入ったという感じではありません。
アルポットに燃料注入後

データを取るためにデジタルペンサーモで温度を測ります。
このデジタルペンサーモ 温度がすぐわかるので便利です。
今回の状況は水を約500ml、水温は30℃、外気温は29.4℃という条件です。
デジタルペンサーモで水温測定
デジタルペンサーモで外気温測定

では着火。安全キャップをはずしてガラス芯に火を近づけます。
アルポットに着火

危なげなくつきました。結構な高さで炎が立ち上がります。今回は室内なので炎の色がオレンジ色に見え、燃えているのがわかりますが、屋外ではもっと見えにくいかと思います。屋外では点火しているかどうかの確認には注意が必要です。
アルポットに着火

本体の外筒を取り付けました。
アルポット着火後に本体外筒取付

本体側面の覗き窓からも燃焼状態が確認できます。
アルポットの覗き窓から燃焼状態確認

アルミ容器を取り付け湯沸し開始。使用中は外フタは外した状態にします。
アルポットでの湯沸し開始

ガラス芯部分のあたりからだと思われるパチパチとした小さな音が鳴り続け、外筒とその内側にある遮熱筒との隙間からわずかに煙が出てきます。
約4分経過時の水温を測ると68.6℃です。少しブクブク状態。
アルポットでの湯沸し 途中温度
アルポットでの湯沸し 途中段階

本体は触れなくないですが結構熱くなっています。
アルポット使用中の本体温度

フタの隙間から勢い良く湯気が出てきました。沸騰です。
アルポットでの湯沸し 沸騰時

経過時間は約7分半。
アルポットでの湯沸し 経過時間

フタを開けるとグツグツと煮えたぎっています。
アルポットでの湯沸し 沸騰状態

本体外筒を外して消火します。安全キャップを炎の上からかぶせます。学校の実験でもありましたアルコールランプの消火の要領です。
アルポット 消火準備
アルポット フタをして消火

消化後のガラス芯はこんな状態。ところどころ黒くなっています。
アルポットのガラス芯

せっかくなので沸かしたお湯でお茶をいただきました。アルミ容器はまだまだ熱いので、アルミ容器を本体に入れたまま本体のハンドルを持って注ぎます。
アルポットで沸かしたお湯でお茶を入れる

今回は水温・外気温とも高めな状態というのはありましたが、短い時間で沸騰しました。
また別の条件でもデータ取りしてご紹介しますので、参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です